患者と家族の視点を国政に

2013-07-16 メルマガ

愛知県の大村知事の応援演説
三連休の怒涛の戦いを乗り越え、ついに選挙戦も後半戦を迎えました。

一昨日14日の日曜日、愛知県の大村秀章知事が応援に駆けつけてくださいました。
「なぜ愛知から、わざわざ大村知事が応援に?」と、たくさんの方から驚きの声が寄せられました。
その疑問に答えるように、知事は熱弁されたのです。

――知事は国会議員時代に、衆議院厚生労働委員会の筆頭理事でした。
そこで、医療や福祉への公明党の取り組みに、深く共感したと言います。
「か つては、がん対策と言っても、首都圏や大都市でしかできなかった。3000人の公明党議員のネットワークの力で、がん対策基本法が成立し、今では全国で 400ものがん対策の病院が誕生した。国民目線で命を守る。この『福祉の党』が公明党なんです」と大村知事は演説の中で力説しておられました。

日本人が生涯のうちに「がん」になる可能性は、全ての男性の2人に1人、そして女性の3人に1人と推測されています。
私の父も肺がんで亡くなりました。がん患者のご家族の苦しみは、痛いほどにわかります。
ですから、日本を「がん対策先進国」にしていくことに、患者の家族の代表として、私自身も全力をあげていきたいと決意しています。

まず、大きな効果が期待される放射線療法や化学療法を更に普及し、専門医を育成していきます。
そして、国民のがん健診の受診率を50%以上に押し上げるよう、万全のサポート体制を組み、予防医療を拡充していきます。

「患者と家族の視点」「苦しんでいる人たちの視点」を政治に反映させていく。
そのために矢倉かつおは、より一層「小さな声」に耳を傾け、「温かな心」の政治を実現していきます。

連日の矢倉かつおの遊説の模様をまとめたダイジェスト動画等も大好評です。
公式サイトの「動画」コーナーからご覧ください。
https://www.youtube.com/katsuochannel