プレミアム商品券 埼玉の全市町村で発行へ

2015-02-25 ニュース

公明新聞:2015年2月25日(水)付

8割の自治体30%割増し
国の交付金活用
公明が強力に推進

公明党の主張により国の2014年度補正予算で創設された「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用したプレミアム付き商品券の発行への動きが各地で進んでいる。本格化する取り組みを随時、紹介する。

埼玉県では、同交付金と同県の「プレミアム付商品券支援事業補助金」を活用して、全63市町村が発行を予定している。このうち約8割に当たる50自治体で30%のプレミアムを付ける予定。63自治体の販売総額は約300億円、プレミア分を含めた発行総額は約382億円になるという。

県は、市町村などが発行するプレミアム付き商品券に対して、プレミアム分の1割を限度に上乗せする補助金として、41億9625万円を含めた14年度一般会計補正予算案を2月県議会に提出している。

春日部市では市議会公明党も推進し、2月5日に行われた議会で「新市施行10周年記念プレミアム付商品券」発行の補正予算が成立。プレミアム率は30%で、販売総額は12億円。5月の発行を予定している。

今月24日に行われた埼玉県議会本会議で、公明党の西山じゅんじ県議(県議選予定候補)が同商品券について質問。上田清司知事は「景気刺激策として効果がある」とした上で、県が商店街での商品購入やイベントでの使用を積極的にPRし、個人消費の拡大に努めていくと答弁した。

一方、さいたま市では党総支部がプレミアム付き商品券の早期発行を求める要望書を市長に提出している。

日本で学ぶ学生に期待

2015-02-18 ニュース

公明新聞:2015年2月18日(水)付

東京大学で劉会長らと懇談する山口代表ら=17日

東京大学で劉会長(前列中央左)らと懇談する山口代表(同右隣)ら=17日

中国人留学生の新年会で
山口代表

公明党の山口那津男代表は17日、東京大学内で開かれた東京大学中国留学生学友会(劉鳳龍会長)の新年会に出席し、同学内で学ぶ中国人留学生らと和やかに懇談した。国重徹、中野洋昌の両衆院議員、矢倉克夫、佐々木さやかの両参院議員が参加した。

席上、あいさつした山口代表は「今年はひつじ年だ。羊は古来から、平和と幸福を象徴する」として、中国人留学生に対して「日本で学んだことを生かして人生を開くとともに、日中両国のために役立ててもらいたい」と期待を寄せた。

また、国会見学や花火大会など、公明党と中国人留学生の交流に触れながら、「困ったことがあれば遠慮なく相談してほしい」と激励した。

プレミアム付き商品券で地域振興を!

2015-02-17 メルマガ

矢倉かつおです。

暦のうえでは「雨水」を過ぎ、雪解けの時季、梅の薫りが春を呼んでいます。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

先日、私も委員を務める参議院予算委員会において、「景気回復実感のため」の補正予算を「国の借金を増やすこと無く」約3兆円分、審議のうえ可決することが出来ました。

なかでも注目されるのが、「地域が、域内消費を喚起し景気回復実感を果たすため、自由に使えるお金(地域消費喚起・生活支援型交付金)」として、総額2500億円が計上されたことです。

これを財源とする目玉政策のひとつ、それが「プレミアム付き商品券」です。例えば、この商品券を買うため10,000円を支払う、すると1,000円券が11枚発行されます。「1,000円分がお得(プレミアム)」だから、「プレミアム付き商品券」です。

「国がお金を出し商品券を発行しても、そのために使われなくなったお金がタンスにしまわれるだけじゃないのか、景気回復に本当に効果はあるのか。」こんなお声をよくいただきます。当然のご懸念かと思います。

しかし、この「プレミアム付き商品券」発行のため、国が補助するのはプレミアム分(例えば1,000円分)のみです。それが「呼び水」となり、家計の「眠っているお金」(先ほどの例では10,000円)を呼び起こします。タンスからお金を「動かす」のです。

その狙いは、この家計からのお金の動きを、皆様がお住まいの各地域に届け、行き渡らせることにあります。とりわけ、少し元気の無くなっている地域の商店街などで優先的に使っていただき、地域を元気にしたい。そのためにはどういった商品券がよいか、まさに各地域の自治体の創意工夫が求められます。

補正予算成立をうけ、早速、各自治体は動き出しています。

先日、ある会合でご一緒した埼玉県春日部市の石川市長が私に、「春日部は、すでにプレミアム付き商品券発行に向け動き出していますよ。なんとプレミアム率30%です。5月には発行します。日本のどこよりも早く発行することが目標です!」と、意気軒昂にお話しくださいました。

発行主体は、地元の商工会議所・商工会です。これを、市内の多子世帯に優先的に販売するとのこと、すごいですね!!

実は、この「プレミアム付き商品券」のアイデアは、公明党の地方議員の皆様が各所の地方議会で実現し積み上げた成功事例の集積を、国レベルで主導、推奨したものです。

今月18日、参議院本会議において代表質問にたった山口代表は、「公明党が連立政権の一翼を担うようになって、国政と地方の政治がしっかり結び合わされ、政策実現のサイクルが育まれました。」と述べました。

「プレミアム付き商品券」はまさに、この公明党の「政策実現のサイクル」の現れなのです。

公明党が地方政治に進出してより60年を迎える本年、地方政治は公明党の原点です。

公明党が、「プレミアム付き商品券」を成功に導き、地域に春を呼んでまいります。

【さいたま市南区】松下市議市政報告会

2015-02-14 ブログ

土曜は浦和区の後、南区に。
南区選出の「松下そういち」議員の市政報告会に。
松下さんは、私の中学・高校・大学の先輩、どんな相談事にも迅速に対応してくださる頼れる先輩です。

ともに頑張ります!

【さいたま市浦和区】やなか市議市政報告会

2015-02-14 ブログ

土曜は、ダブルヘッダーで市政報告会へ。
まず、私の住む浦和区選出の「やなか信人」議員の市政報告会に。
さいたま市の清水市長もいらっしゃいました。

国政と市政のネットワークを駆使して、やなか・やくらのYYコンビで頑張ります。

【さいたま市北区】たけやま市議市政報告会

2015-02-13 ブログ

さいたま市北区選出の「たけやま広道」さいたま市議の市政報告会に。
フリートーク形式でたけやまさんの人となりが非常によく伝わる素晴らしい報告会でした!!

運営の皆様、本当にありがとうございます。

プレミアム商品券 各地で発行へ

2015-02-11 ニュース

公明新聞:2015年2月11日(水)付

これまで実施の地域、商店街で効果は実証済み
公明推進の交付金 自治体が活用

地域の商店街などでお得に買い物ができる、プレミアム(割増金)付き商品券への期待が高まっている。個人消費の喚起に効果が上がっているほか、利用者から好意的なアンケート結果が得られているためだ。

プレミアム付き商品券は、販売価格より1~2割程度多い金額分の買い物ができる商品券。具体全国の主なプレミアム付き商品券的には、額面1000円の商品券なら11~12枚セットにして1万円で販売するケースが多い。実施期間や金額など事業の詳細は、発行主体の自治体ごとに異なる。

例えば、神奈川県相模原市は、2009年11月末~10年3月末の期間、総額11億円(うちプレミアム分は1億円)の「第2回プレミアム付さがみはら商品券」事業を実施。2億7300万円の新たな消費を生み出した。

一方、大阪府は10年2月17日~3月11日、「ぎょうさん買うたろう!商品券」と銘打ったプレミアム率15%の商品券で、プレミアム分の約3.4倍となる消費を呼び起こした。

プレミアム付き商品券を発行した際にアンケートを行った東京都世田谷区では、商品券事業に関して「自宅周辺で利用した」人が9割、「商店街で買い物をする機会が増える」人が6割に上るという調査結果を得た。

こうした地域への効果を踏まえ全国の自治体は、国の14年度補正予算に盛り込まれた、地域消費喚起・生活支援型の交付金を活用したプレミアム付き商品券の発行事業を検討している。公明党の強い主張で実現した同交付金は、プレミアム分の経費や商品券の印刷費などに充てることができる。

札幌市は、すでに14年度補正予算の交付金を活用すると決めた自治体の一つだ。プレミアム率10%の「さっぽろプレミアム付商品券」を今年8月~16年1月に実施する予定としている。

地域の実情に合った商品券が発行されれば、それだけ大きな経済効果が期待できる。全国商店街振興組合連合会の坪井明治理事長は、「公明党の尽力で地域振興を後押しする貴重な予算を付けていただいた」と話し、各地での発行に期待を寄せている。

【さいたま市緑区】神坂市議市政報告会

2015-02-09 ブログ

日曜午後は、さいたま市緑区選出の「神坂たつあき」さいたま市議の市政報告会にお邪魔しました。

神坂市議と青年の代表をまじえたフリートーク!神坂さんの人となりが伝わる素晴らしい内容でした。
神坂さんは、市議になる前、自転車関連のお仕事をされていました。
そこから自転車をテーマに、急増する自転車事故への対応のため、市内小学4年生を対象に「こども自転車運転免許制度」を全校実施、また中高生向けの安全教育など、政令市で初となる先進的な取り組みを実現させました。また、被災地への自転車提供など、積極的に活動されています。
突然の雨にもかかわらずたくさんの方がご来場、本当にありがとうございます。

地元の青年によるソーラン節などが会場をさらにもりあげ、そして、ご来賓として参加いただいた地元ロータリークラブの篠原委員長の深みのある応援のお言葉にも共感が広がっていました。
終了時には雨も見事にやんでおりました。
市政とのネットワーク、更に強めてまいります。

統一選断じて勝つ!

2015-02-08 ニュース

公明新聞:2015年2月8日(日)付

山口代表を中心に勝ちどきを上げ、統一地方選の全員当選を誓い合った全国県代表協議会=7日 公明会館

山口代表を中心に勝ちどきを上げ、統一地方選の全員当選を誓い合った全国県代表協議会=7日 公明会館

全国県代表協議会で勇躍前進
地方創生の原動力に
山口代表が強調

生活者支援など4本柱 重点政策を発表

公明党は7日、東京都新宿区の公明会館で全国県代表協議会を開き、4月の統一地方選に向け重点政策を発表し、勝利へ勇躍前進を開始した。山口那津男代表は、党所属議員の半数以上が改選される統一地方選について、「党の掛け替えのない財産である議員ネット山口代表ワークの力を一層強化する最重要の選挙だ」と強調。その上で、「地方創生」をどの党に託すかを問う選挙だとして、「現場が主役の『人が生きる、地方創生。』を推し進めていけるのは、小さな声から政策を実現する力を持つ公明党以外にない」と力説し、「全員当選を勝ち取るため、心を一つに総力を挙げて戦おう!」と呼び掛けた。

山口代表は冒頭、過激組織「イスラム国」による邦人殺害事件の犠牲者と遺族に哀悼の意を表明。テロ被害の未然防止へ、在外邦人の安全確保や国内での水際対策などに万全を期し、テロの温床を断つため、「『人間の安全保障』の観点から、食糧、医療などの人道支援、難民支援を拡充していかなければならない」と語った。

取り組むべき重要課題では、まず「経済再生」に言及。2014年度補正予算について、地方自治体が柔軟に使える交付金が創設され「プレミアム付き商品券」の発行などに活用できることに触れ、「その効果が一刻も早く出るよう、早期執行を求める」と訴えた。その上で「各地で開かれる2月、3月の定例会で地域に合った使い道を工夫して具体化していきたい。国と地方が連動して政治を前に動かし、公明党の存在感を示していこう」と強調した。

「地方創生」に向けては、各地の地方版総合戦略の策定に当たり、「公明党の地方議員が『ひと』に焦点を当てた地域の将来像の設計をリードしたい」と述べた。

「東日本大震災からの復興加速」については、4月から集中復興期間の最終年度を迎えることから、「どこまでも被災者に寄り添いながら集中期間終了後の対応を含めて、住宅、生活再建への道筋を明確にしていきたい」と力説した。

また、通常国会で議論される課題に関して、「地域に根を張り、社会的に弱い立場の人に寄り添い、生活者の目線から政策を提案、実現する公明党の持ち味を生かした役割を果たしたい」との基本姿勢を強調。

消費税の軽減税率については、与党間の協議を進めて秋口までに制度案をまとめ、「17年4月の消費税10%への引き上げ時に、国民や事業者の理解を得てスタートさせたい」と述べた。

結びに、統一地方選の勝利へ、「地方議員の存在こそが公明党の生命線だ。断じて激戦を勝ち抜き、必ずや全員当選を果たそう!」と力強く訴えた。

全国県代表協議会では、地方創生の取り組みについて活動報告が行われ、新潟県本部の志田くにお代表(県議、県議選予定候補)は、十日町市と津南町の豊かな自然などを生かした地域おこしについて、広島県本部の平木のりみち副代表(広島市議、市議選予定候補)は、呉市のレセプト(診療報酬明細書)データを活用した保健事業について、それぞれ紹介した。

地域の期待に応え抜く

ネットワーク生かし政策実現
井上幹事長、 石井政調会長

井上義久幹事長は、統一地方選について、各地でかつてない厳しい選挙情勢になることから、井上幹事長「全員当選をめざし結束して勝たなければならない」と訴えた。

統一地方選の意義に関しては、地方創生に向けた取り組みが問われると指摘。地方議員には政策を立案したり、議会の合意を形成する力など、これまでよりも一歩進んだ役割が求められていることを強調した。

また、公明党の地方議員の役割に触れ「全国の議員ネットワークと併せ、与党の強みを生かし地方議会と国会の連携ができるのは公明党しかない」と力説。さらに、「地方議員を基盤にしてできた唯一の政党であり、議員ネットワークを通じて地域の声を政治に反映してきた。その役割に誇りを持っていこう」と訴えた。

一方、石井啓一政務調査会長は、(1)生活者支援の充実(2)人が生きる、地方創生を(3)支え合い、一人を大切にする石井政調会長社会へ(4)安心・安全な地域を―の四つの柱からなる重点政策のポイントを紹介した。このうち地方創生については、党を挙げて強力に進める意向を示し、「地方版の総合戦略(づくり)に積極的にかかわっていく」と強調。女性の再就職やニートの自立に向けた支援、ブラック企業対策を強化すると力説した。

さらに、認知症対策に関して「早期から診断やサービスの相談が受けられるよう訪問支援を行うチームを全市町村に設置する」と主張。2013年度から17年度にかけて40万人分の保育の受け皿を確保し「待機児童を解消する」と訴えた。

「補正」の交付金活用を

プレミアム商品券など 定例議会で積極提案へ
桝屋推進本部長

活気ある温かな地域づくり推進本部の桝屋敬悟本部長(衆院議員)は、地方創生に向け、「今後3年間の取り組みが極めて大事」桝屋氏と強調。2014年度補正予算や15年度予算案に計上された関連予算の活用へ、「これから始まる定例議会で、わが自治体は財政措置の中で何をするか、よく議論を」と訴えた。

特に、14年度補正予算に盛り込まれた「地域住民生活等緊急支援のための交付金」にある、プレミアム付き商品券の発行などに利用可能な「地域消費喚起・生活支援型」の交付金については、多子世帯への特典上乗せなど創意工夫を求めた。

同じく盛り込まれた「地方創生先行型」の交付金活用に向けては、国が示したメニュー例のうち、「人に視点を置いて、5分野に重点的に取り組みたい」と提案。(1)地域が必要な人材を大都市圏で掘り起こす「地域しごと支援事業」(2)地方居住推進のための「都市農村交流」(3)奨学金を活用した大学生などの地方定着の促進(4)「子育て世代包括支援センター」の整備(5)中山間地域などで「小さな拠点」の形成―を挙げ、「全国展開へ取り組みをお願いしたい」と呼び掛けた。

【さいたま市中央区】井上市議市政報告会

2015-02-08 ブログ

日曜午前は、さいたま市中央区選出の「井上しんいち」さいたま市議会議員の市政報告会にお邪魔しました。
入り口で、ゆるキャラ「しんいちくん」登場! 小さなお子様から歓声を浴びてました。

井上市議は、ご自身のお子様のガン克服の経験などから、医療政策をライフワークとされています。
会合では、井上市議の実績である「新生児先天性異常に対しての新検査導入」などにより、実際にお子様の障害進行を防ぐことのできた方からの感動の挨拶などもありました。

井上市議から、ご自身の体験などをふまえ、さいたま市議会の保険福祉委員会委員長としてさいたま市のがん対策推進条例などの委員会提案を主導、実現させたことなどを紹介、更なる市政発展にむけて決意の挨拶がありました。
引き続き、連携を組んで頑張ります!!

全国県代表者協議会を開催!

2015-02-07 ブログ

党本部にて全国県代表協議会が開催されました。
国政の諸課題についてご報告するとともに、4月の統一選に向け、思いを一つに前進することを誓い合いました。いよいよです。

写真は、公明党新潟県本部代表の志田くにお県会議員から山口代表に、新潟県十日町市の「火焔型土器」が手渡されている様子です。新潟県は東京オリンピック・パラリンピックの聖火台デザインへの「火焔型土器」の採用を要請しているとのこと。

志田県議からは、十日町市が進めるは町おこし事例の状況が報告されました。優れた取り組みの共有は連帯感の強い公明党ならでは!

新潟県は、志田さんの他に長岡市選出で、安沢みねこさんが県議選初挑戦をする予定です。こちらも全力で応援します。

【さいたま市西区】上三信市議市政報告

2015-02-07 ブログ

朝と夜は、さいたま市西区で行われた「上三信(うえさんのぶ)あきら」さいたま市議会議員の市政報告会にダブルヘッダーで参加。

冒頭、お二人の方が素晴らしい歌声と演奏を披露してくださいました!!こんなこと、はじめてです!!ありがとうございます。

上三信さんは、さいたま市議を3期つとめたベテランです。今は、さいたま市の議院運営委員長、つまり、議会運営を実質上取り仕切る役職についてます。その前は、副議長でした。

実績、経験、なによりも人柄抜群の、尊敬すべき議員の先輩です。
大成功の報告会、お疲れさまでした。こちらも頑張ります。

 

プレミアム商品券 消費喚起に効果あり

2015-02-05 ニュース

公明新聞:2015年2月5日(木)付

質問する岡本氏=4日 衆院予算委

質問する岡本氏=4日 衆院予算委

奨学金全て無利子に
中小企業の資金繰り支援
延滞金利(日本公庫)下げよ
衆院予算委で岡本氏

衆院予算委員会は4日、「経済・外交など」に関する集中審議を行い、公明党の岡本三成氏が質問した。

岡本氏は、日本政策金融公庫が中小企業に対して実施している低利融資の重要性に言及した一方で、返済を滞らせた企業が支払う延滞金利が14.5%であることに触れ、「目を疑うほどの高金利になっている」と強調。国債金利の低下に合わせ、国税や地方税、奨学金などの延滞金利が低く見直されている点も踏まえ、「一刻も早く大幅に低下させるべきだ」と訴えた。

麻生太郎財務相は、融資の延滞金利を14.5%と同水準にしている、民間の地方銀行との調整が必要との考えを表明。これに対して岡本氏は、「民間の金融機関の再考を促すことも政府系金融機関の務めだ。中小企業を支援するため、尽力してほしい」と重ねて求めた。

プレミアム付き商品券の主な発行実績と効果また、岡本氏は、2014年度補正予算で発行支援策が盛り込まれたプレミアム付き商品券について、「眠っている(個人の)お金が消費に回る。このインパクトは大きい」と指摘。公明党の地方議員らが提案し、先駆的に実施した自治体の事例【表参照】を挙げ、「大きな経済効果があったと実証されている。公明党のネットワークで全国に広げていきたい」と力説した。

石破茂地方創生担当相は、商品券を発行する自治体の創意工夫により、国の助成額の何倍もの経済効果が生まれるとの考えを示し、「個人消費を喚起するのに極めて有効だ」と答えた。

大学生などの奨学金に関して岡本氏は、無利子奨学金が拡充されているものの、依然として87万人超の学生が有利子奨学金を利用している状況を指摘。全ての奨学金を無利子にした場合でも、国の負担は800億円程度で済むという文部科学省のシミュレーション結果を示し、「国家予算の0.1%を使えば、全ての学生を無利子奨学金の対象にできる」と訴えた。

下村博文文科相は、「できるだけ早く無利子奨学金を有利子からシフトする。教育再生実行会議の提言を受けて、しっかり取り組むように先頭に立って頑張りたい」と答えた。

このほか岡本氏は、日本の平和貢献活動について質問。世界に約5000万人いる難民の多くが発展途上国に住んでいる点を踏まえ、中長期的に自ら生計を立てられる自立支援や、地域に溶け込むための支援が必要だと主張。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や国際協力機構(JICA)と協力して、難民と、難民を受け入れている途上国の人々への教育・職業訓練を提供するよう提唱した。

安倍晋三首相は、「難民支援、人道支援を積極的に進め、国際社会に対するわが国の責任を果たしていく」と答弁した。

【さいたま市】市政・国政報告会

2015-02-01 ブログ

2月1日の日曜日、大宮ソニックシティにて、さいたま市議の皆様や4月の統一選の予定候補の皆様とともに、市政や国政等の報告会を行いました。

寒風吹きすさぶなか、日曜日の夜にも関わらず、2000人ほどいらしてくださいました!!大成功の会合となりました。本当に本当にありがとうございます!!

最後、決意をこめて勝ちどき!! エイエイオー!
頑張ります!