協力関係の深化へ

2015-07-15 ニュース

公明新聞:2015年7月15日(水)付

プアンゲッゲオ大使を歓迎する山口代表ら=14日 衆院第1議員会館

プアンゲッゲオ大使(右から3人目)を歓迎する山口代表(左隣)ら=14日 衆院第1議員会館

タイ大使就任を歓迎
山口代表

公明党の山口那津男代表は14日、衆院第1議員会館で、タイのシハサック・プアンゲッゲオ駐日大使の表敬を受け、懇談した。

上田勇国際委員長(衆院議員)、赤羽一嘉同委員長代理(同)、伊佐進一(同)、矢倉克夫(参院議員)の両国際局次長が同席した。

プアンゲッゲオ大使は席上、「日本はタイと関係が近く、ASEAN(東南アジア諸国連合)にとっても重要な国」と述べ、協力関係の深化へ意欲を語った。

山口代表は、国際経験豊かな大使の就任を心から歓迎。両国関係をより強くし、「共に繁栄できるよう努力したい」と述べた上で、「タイの民主主義がより高いステージへ成熟していく過程にあると信じている」と、同国の発展に期待を寄せた。

一方でプアンゲッゲオ大使は国会で審議中の「平和安全法制」関連法案に言及。日本のこれまでの国際貢献を評価しつつ、「日本の決断を尊重する。日本と地域の安全に取り組むものと信じている」と期待を示した。

これに対し山口代表は、日本の安全のための抑止力を高め、国際社会の平和と安定を確保する法案の意義を強調し、「国民に分かりやすい議論を重ね、成立させたい」と訴えた。