ストーカー規制、対象拡大

2016-08-05 ニュース

公明新聞:2016年8月5日(金)付

ストーカー規制法改正案で合意した与党WT=4日 衆院第2議員会館

ストーカー規制法改正案で合意した与党WT=4日 衆院第2議員会館

SNSも「つきまとい」
与党WTが改正案で合意

自民、公明両党の与党ストーカー規制法改正に関するワーキングチーム(WT、平沢勝栄座長=自民)は4日、衆院第2議員会館で会合を開き、公明党が2014年に取りまとめた、ストーカー規制法の対象をインターネット交流サイト(SNS)でのつきまとい行為に広げる改正案で合意した。野党にも賛同を呼び掛けた上で秋の臨時国会に提出し、成立をめざす。

現行法は、インターネット上の禁止行為がメールの連続送信に限られる。しかし、5月に東京都小金井市で発生した女子大学生の刺傷事件の発端が、容疑者による被害者のSNSへの執拗な書き込みだったことを踏まえ、SNSのメッセージやブログなどのコメントを規制対象に拡大する。

また、ストーカーの恐れがある者にストーカー行為を行う相手の氏名や住所などの情報提供を禁止する。

一方、警察などが迅速に対応できるよう、緊急時には加害者に対する警察本部長の警告を経ずに都道府県の公安委員会が接近の禁止命令を出せるように見直す。さらに、ストーカー行為を被害者の申し出がなくても検察が起訴できるようにする「非親告罪化」を盛り込み、罰則も引き上げた。

同WTには、公明党から大口善徳WT座長代理(国会対策委員長)と、山本香苗、矢倉克夫両参院議員が出席した。

農林水産大臣政務官に就任いたしました

2016-08-05 ブログ

このたび、農林水産大臣政務官の任命をいただきました。先ほど官邸にて、安倍総理より、直接、辞令を交付いただいたところです。
先の参議院選挙を通じ、多くの農家の方とお話しする機会に恵まれました。

過酷な自然環境等に左右される厳しさと戦いながら農に誇りをもって従事されているお姿にあらためて、深い感銘をうけました。
農業は、食をつくり人の命をつなぐとともに、継続して私たちの生活に色々な『めぐみ』、豊かな価値をもたら重要な分野です。その農業を国全体で支える機運をつくる、大事な使命を与えていただいたと感じます。

TPP対策とともに、公明党が長年主張して来た収入保険の整備を含め、しっかり果たします。
とともに、農業は日本経済全体の拡大にとっても非常に重要な分野です。

世界に評価される和食や、美しい農村漁村の風景など、日本の成長の糧となる大きな潜在能力をもっているのが農業です。
当選前より私は、「世界で勝てる日本をつくる」とお訴えしてまいりましたが、まさにその大きな舞台の一つこそ、輸出拡大、技術革新、流通改善を含めた日本の農業振興であると考えます。
政務官として大臣、副大臣を支え、豊かな価値をうみだす農林水産業の振興のため全力で頑張ります。

至らぬ点も多々ありますが、どうか引き続きご指導よろしくお願い申し上げます。

ストーカー規制法改正案

2016-08-05 ブログ

公明党提案によるストーカー規制法改正案、昨日の与党ワーキングチームにおいて、まずは自公担当者間での合意に達しました。
今週一週間は、法案をめぐり自民党担当者と詰めの協議、それを党内チームで議論し、また打ち返し、といった繰り返し。昨日は私から協議経緯や結果を報告し、議員並びに役所から意見をいただきましたが、まとまって本当によかった!!条文作りにしっかり関与した議員立法は3本目です。

対象行為としてSNS等を加えるとともに、事態によって警告なく禁止命令をだすことを可能にし迅速な対応を促し、被害発生抑止のための実効性を確保します。また、従来、被害者による告訴がある場合のみ起訴できる、としていた(親告罪)点を改めます。相手を起訴するかどうかの引き金を被害者が引くということで、加害者側からの逆恨みの可能性もあったことなども改正の趣旨です。

今後は党内手続き(主に自民党の)、そして与党責任者会合による合意等をへて、野党と協議、秋の臨時国会にて委員会審議といった流れになります。よろしくお願いします。