青森2例目の鳥インフルエンザ

2016-12-05 ブログ

鳥インフルエンザについて、青森で発生した2例目は、1例目と同じ農場内にある350メートルだけ離れた別の施設です。同じタイミングで野鳥から感染したものが時間差ででてきた、ともいえます。防疫措置はともに完了しました。新潟も、自衛隊の動きなどもあり想定を上回る速さで初動対応は完了する予定です。

公明党の議員の皆様が現地で尽力されています。体制整備や原因究明、風評被害対策を含め、国と自治体との連携が重要です。ネットワーク政党の力が如何なく発揮されています。
万全の予防措置をとります。
https://www.komei.or.jp/news/detail/20161205_22250