JA全国女性大会

2017-01-24 ブログ

JA全国女性大会に来賓出席。
62回を数える伝統ある大会です。壇上から、明るく華やかな雰囲気が。農業をより輝かせる息吹を感じました。

私から「生産者の所得向上のためには生活者や消費者の目線により近い女性の視点が不可欠」との思いをのべたのち、大臣からの祝辞を代読。
その後の公務のため、すぐに退席となりましたが、退席中も拍手やお声も多くかけていただきました。ありがとうございました。

賃上げの流れ さらに

2017-01-24 ニュース

公明新聞:2017年1月24日(火)付

党埼玉県本部の賀詞交歓会であいさつする山口代表=23日 さいたま市

党埼玉県本部の賀詞交歓会であいさつする山口代表=23日 さいたま市

成長と分配の好循環を
埼玉で山口代表

公明党の山口那津男代表は23日夕、さいたま市内で開かれた党埼玉県本部(代表=西田実仁参院幹事長)の新春賀詞交歓会に出席し、あいさつした。

山口代表は、自公連立政権の経済政策により、史上初めて有効求人倍率が全都道府県で1倍を超えるなど、雇用情勢が大幅に改善していることに言及。また、昨年の春闘では大手企業の賃上げ率が3年連続で2%を超え、今年も賃上げムードにあることに加え、中小・小規模事業者の賃上げを応援するために、雇用保険料の2年連続の引き下げや、賃上げを実施した企業に対する税制面などでの優遇策も進めているとして、「日本の賃上げをこれからも推進していきたい」と強調した。

一方で、経済成長による税収増を適切に分配するために、年金受給資格の取得期間短縮や返済不要の給付型奨学金の創設を公明党がリードしたことを紹介。これらの制度を実施するためにも、2017年度予算案の早期成立を図りたいと述べるとともに、「経済成長一辺倒では格差が生じる。成長と分配の好ましい循環を遂げていくことが、公明党がめざす道だ」と訴えた。

西田県代表は、埼玉県には人と人、街と街をつなぐ力があるとして、「人々の希望の懸け橋を担っていく」とあいさつ。

来賓の上田清司知事は「公明党は福祉、環境、平和の“達人”だ。三つの達人が連立政権に加わることで、日本の将来をさらに立派にしてほしい」と述べた。