食品ロス削減法制化を。

2018-06-21 ブログ

食品ロス削減法制化を。

竹谷とし子議員が主導する食品ロスに関する議員立法の動きが、少し前の日本農業新聞に掲載されていました。
農林水産大臣政務官を務めて以来、日本農業新聞は毎日熟読しています。

写真の記事、赤字で傍線を引いてある箇所、私の発言です。

竹谷さんと、規格外食物を「子ども食堂」に届ける取り組みを視察したことがあります。それらを促進するつなぎ役としてJAの役割などへの期待に触れながらの発言でした。政務官時代に海外で観察した規格外食物の状況などにも触れました。

食品ロス問題は、公明党が主導します。

国会が延長されました。議院運営委員会の理事として昨日来より様々調整を行なっていました。

野党の皆さんは、徹底追及を求めながら、延長で審議時間が増えることが確定した途端、審議拒否をします。なかなか理解に苦しむところです。

その間も私は、与党の一員として、様々な役所の方々と打ち合わせを繰り返しています。

昨日は、クールジャパン政策に関する会議や公文書の管理についての打ち合わせ。

そして、今日は、国連サミットで可決されたSDGs(エスディージーズ 持続可能な開発のための2030アジェンダ)に向けた会議や、日本の水産業についての意見交換など。

一つ一つご紹介はしませんが、あらゆる機会をみて発言、発信をしています。役所に何を打ち込むか、現場で得た知見を武器に動くことが政治に求められているはずです。

石井国土交通大臣と埼玉県内(主に東部)が抱える課題について、各首長や団体の皆様らと協議しました。

2018-06-17 ブログ

石井国土交通大臣と埼玉県内(主に東部)が抱える課題について、各首長や団体の皆様らと協議しました。

少し前(9日)ですが、石井大臣をお迎えし、西田まこと参議院議員などとともに県内の道路や河川改修などについて意見交換。

三郷市では、木津市長とともに、三郷流山橋の建設について協議、あわせスマートインターチェンジなどについて意見交換しました。慢性的な渋滞解消などのため地元から数多く要請を受けていたものでした。

先日、国会質問した東埼玉道路などについては、春日部の石川市長、八潮の大山市長、草加の田中市長、越谷の高橋市長、吉川の中原市長、松伏の鈴木町長からもご要請を受けました。しっかり進めます。

また、八潮の大山市長からは、外環道に新しいパーキングエリアを設けることのご提案がありました。外観が千葉までつながったことで、途中休憩所の必要性がさらに高くなっています。

越谷の獨協医科大学では、リプロセンターを訪問、不妊治療の最前線についてお伺いするとともに、医療ツーリズムについて意見交換。

その後、さいたま市では、清水市長や商工会議所の皆様とともに、新大宮上尾道路や、首都高埼玉新都心線の延伸、地下鉄7号線延伸などについて協議しました。

各種団体とも意見交換、最後は、商工会議所の青年部の皆様と。ともに、未来のさいたまを埼玉を、そして日本をつくろう!!と盛り上がりました。同じ世代です。力を合わせて頑張ります。

秩父にて、秩父の経済と観光に関する意見交換会を開催、私は秩父の農林業の可能性や今国会で成立した予算や法律の説明をしました。

2018-06-16 ブログ

秩父にて、秩父の経済と観光に関する意見交換会を開催、私は秩父の農林業の可能性や今国会で成立した予算や法律の説明をしました。

西田まこと参議院議員とともに。

森林環境税についての細かい議論も含め、2時間強、有意義な時間となりました。
特に、森林のない都市部にいかにこの税をつかっていただくか、林業振興につなげるためのシナリオ、ストーリーが大事。

私からは、耕作放棄地を再生させ、エゴマやワイン醸造用のぶどう、ウイスキー用の大麦などをつくっている秩父の例や、農泊、また、林業とICTや木質バイオマスなどを話しました。

魅力いっぱいの秩父、政務官時代に、最後に訪れた場所です。埼玉農林業の中核の一つとして日本全土にその魅力を伝えたいです。

司会をされた福井さんは、前市議さんです。議員を引退されたあとも、このように活動してくださるお姿に感動。

大久保さん、本橋さんの両秩父市議をはじめ、三浦さん、三田部さん、佐藤さん、林さん、宮原さん、役員ありがとうございました。

私のポスターに関する投書が公明新聞に!

2018-06-13 ブログ

私のポスターに関する投書が公明新聞に!

昨日(12日)づけの公明新聞、「波紋」の欄に投書が。
草加の佐藤さんからです。ポスターを褒めてくださったご友人、その方との語らいを活き活きと。

心温まる投書、本当にありがとうございます!!感動いたしました。

投書の最後、ポスターの大事さとともに「1枚1枚、張り出してくださる党員、支持者の皆さんに感謝」と。私が抱いている思いそのものです!

埼玉中のポスター一つ一つに出会うたび、この1枚を張り出すのにどれほどご苦労いただいているか思いを馳せています。

感謝の思いを力に変えて、「現場を走り、世界に挑んでまいります」

国政報告会を各地で開催(5月20日は、古屋副代表をお迎えし、さいたま市で女性党員会の会、3日は川口で山口代表をお迎えして2000人規模で、5日は新座で賑やかに、6日は越谷で盛大にそれぞれ1000人規模で開催しました!)

2018-06-11 ブログ

国政報告会を各地で開催(5月20日は、古屋副代表をお迎えし、さいたま市で女性党員会の会、3日は川口で山口代表をお迎えして2000人規模で、5日は新座で賑やかに、6日は越谷で盛大にそれぞれ1000人規模で開催しました!)

お忙しいところ、ありがとうございました!!

それぞれの会合、ご友人などお誘い合わせのうえお越しくださった皆さま、当日まで本当に大変な中、ご準備をしてくださった役員に皆さま、本当にありがとうございます。

各地の様子は、写真のみ、この後、アップをいたします。

内政、外交、課題多いなか、責任ある政治姿勢を示しているのはどこか。

公明党です。

国会も最終盤、頑張ります。

国会も終盤、連日、国会質問(4日は決算委員会でURの高齢者家賃問題と東埼玉道路を、5日は経済産業委員会で省エネ問題を約一時間。

2018-06-10 ブログ

国会も終盤、連日、国会質問(4日は決算委員会でURの高齢者家賃問題と東埼玉道路を、5日は経済産業委員会で省エネ問題を約一時間。)

4日の決算委員会では、渋滞緩和や地域の経済発展に重要な東埼玉道路の早期整備に向けた方針を、石井国土交通大臣に直接質問いたしました。

UR(都市再生機構)に安心して住み続けたいという高齢者の皆様の切実な思いも、あわせて質問。

大臣からは、高齢者の皆さまへの制度の継続や東埼玉道路の着実な整備に向け、前向きな答弁をいただきました。

URの件は、その前日に埼玉公団住宅自治会協議会の会合で聞いた現場の声を反映しました。

東埼玉道路の件は、先日、現場に行き、また、松伏の鈴木町長などとお話ししたことをもとに。

現場を走っています。

東埼玉道路については、昨日も、石川春日部市長、田中草加市長、高橋越谷市長、大山八潮市長、木津三郷市長、中原吉川市長、鈴木松伏市長からご要請をいただきました。

西田まこと参議院幹事長とともに、石井大臣に連携しました。詳細は後日改めてご報告いたします。

米朝会談 非核化加速を

2018-06-04 ニュース

拉致解決へ各国連携  軽減税率 確実に導入し生活守る
矢倉氏の会合で山口代表

国政報告会であいさつする山口代表(右から2人目)と、矢倉氏=3日 埼玉・川口市

公明党の山口那津男代表は3日夜、埼玉県川口市内で行われた党埼玉県本部(代表=西田実仁参院幹事長)の国政報告会に矢倉克夫参院議員と共に出席し、12日に行われる米朝首脳会談について、完全で検証可能、不可逆的な北朝鮮の核放棄に向け、「このチャンスを生かさなければならない。国際社会が連携し、どうすれば国民が豊かになるか北朝鮮が考えるよう促すことが重要だ」と強調した。

その上で、拉致問題の解決に向けて、いずれは日本と北朝鮮が対話のチャンスをつかみ、国交正常化を進めていかなければならないと力説。拉致問題などの解決へ「世界各国と協調して取り組みを進めていくことができるのが自公連立政権だ」と訴えた。

一方、進展する少子化への対応については、公明党の主張が実り、2019年10月の消費税率10%への引き上げによる増収分を教育費負担の軽減に充てることが決まっていると報告。消費税率引き上げでは、「日々の買い物、暮らしが心配だ。だからこそ、飲食料品に軽減税率が適用できるように公明党が尽力した」と述べ、中小企業の事務負担に配慮しながら、軽減税率を円滑、確実に実施していくと強調した。

自公政権の経済政策の成果について山口代表は、失業率の低下や大学生の就職率が過去最高水準にまで上がったことを力説。また、賃金引き上げの流れが広がり、国の所得税収も増えていることから、「増えた税収を、子育て支援や高齢者支援、中小企業対策などにしっかり使っていけば、経済社会が好ましい循環になっていく」と訴えた。その上で、経済再生の成果が国民に実感できるよう、「日本経済をさらに押し上げ、デフレ脱却が実現できるよう取り組む」と述べた。

矢倉氏は、在日外国人などを差別するヘイトスピーチ(憎悪表現)の解消推進法の成立に取り組んできたことを紹介。「目の前の一人に寄り添い、思いを実現する誠実な政治を貫いていきたい」と語った。

会合には、奥ノ木信夫・川口市長ら多くの来賓が出席した。