経済のエンジンは中小企業

2013-07-09

連日、炎天下での支持者の皆様の熱い熱い声援に、暑さを吹き飛ばすエネルギーをいただいております!
本日9日の21時30分から、テレビ埼玉(地デジ3ch)のニュース番組で矢倉かつおが単独で紹介されます。
また、明日10日からは、矢倉かつおの政見放送のテレビ放映、ラジオ放送が始まります。
皆様、ぜひとも矢倉かつおの訴えを「見て」「聞いて」いただきたいと思います(※放送予定は後記)。

また、7月6日付の「埼玉新聞」には、矢倉かつおの記事が大きく1面に掲載されました。
丁寧な取材の素晴らしい記事となっており、私のフェイスブックでもご紹介したところ、かつてないほど「いいね!」「シェア」の数が急増しています。
メルマガ読者の皆様も、ぜひご覧下さい。
(※ブログで公開中=https://www.youtube.com/user/katsuochannel

「知恵は現場にあり!」――この信念のもと選挙期間中の昨日、今日も川口・越谷・吉川・草加市などで中小企業を訪問しております。
「強い日本経済を復活させてほしい」「景気回復の恩恵を庶民の手にも!」――これまで回ってきた1000社以上の中小企業の方々から寄せられた声を、絶対に無駄にはできません。
中小企業の支援策は私の最重要の政治課題です。必ずや勝利して、日本経済の「失われた10年」を取り戻す戦いの先頭に立ちます!

自公政権の成長戦略の目玉に「国家戦略特区」があります。「特区」とは、地域を限定して、規制を緩めたり、税制を優遇していく――つまり減税をしていくなかで企業の経済活動を活発にしていく制度です。
私は参院選の公約として「3つの挑戦」を掲げておりますが、そのうちの一つとして、「中小企業減税特区」の創設を提唱しています。税制の優遇に加えて、中小企業の経営支援を充実させた特区です。
全企業数のうち99.7%、そして雇用の7割を占める中小企業を強くしていくことこそが、日本経済の飛躍のエンジンとなるのです。
埼玉は、都心に近く地理的にも有利です。人材の質や技術力も超一流です。
こうした利点を生かして、日本、そして世界から企業や資本を招き入れ、その恩恵が地域の中小企業に行き渡るように全力で働きます。

公明党は中小企業の味方です。本年3月に中小企業金融円滑化法が終了し、資金繰りに不安の声があがりましたが、すぐさま公明党が政府に要望を出し、支援策を実行させました。
私たちには中小企業を支える確かな実績と、未来へのビジョンがあります。何としても埼玉選挙区で勝ち抜く力を、政策の実行力を矢倉かつおに与えてください!
「生活者を、もっと国会へ」――現場の皆様の声を国会へと届けさせてください!

※参考 公明新聞「中小企業 政府が4月から新支援策」
https://www.komei.or.jp/news/detail/20130413_10874

矢倉かつお

矢倉かつおから メッセージを直接お届けします。 ぜひ、ご登録ください。