憲法9条と「紛争なき世界」への思い

2014-08-20

矢倉かつおです。

暦の上では夏も終盤、しかし暑さが続きます。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
窓を開けると蝉の鳴き声が。時期、時間により変わるその鳴き声に、聞き入っております。

終戦記念日の8月15日、昨年に引き続き今年も、埼玉県内を街頭演説し、平和を訴えました。私の記憶のなかの8月15日はいつも暑い日です。今年の8月15日も、関東は暑かったです。69年前もそうだったのでしょうか。

平和を訴えながら改めて、日本の使命を考えました。

当然ですが日本の責務は、日本人を守ることです。そのために与党は、去る7月1日になされた閣議決定を了承し、「日本は自国民を守る体制を隙間なくしっかり整えている。」ということを広く示すこととしました。

ただ、私はそれに加え、国というものは、この地球上に住む人たち、自国民のみならず他国の人々にもなんらかのプラスの影響を与える使命があるから存在すると考えています。

日本が世界に発すべき価値、それは何か。様々なものが浮かびましたが、究極は、「平和国家」としての日本の姿であり、憲法9条の掲げる「専守防衛」の理念であると確信します。戦争の世紀といわれた20世紀から得られた貴重な財産のひとつこそ、憲法9条であり、紛争なき世界に向けた取り組みに対し名誉ある地位・役割を担うことが出来るのは、この9条を保持する日本だけだからです。

8月15日の街頭演説では、そんな思いを込めながら、閣議決定に込められた自国防衛のための意義をご説明するとともに「憲法9条を守り抜く」決意をお伝えしました。

国会議員となりまだ1年ですが、安全保障に関し、様々な国会論戦を間近で見、また自ら行う経験をしています。改めて感じることは、外交や国防という課題は、ちょっとしたきっかけで大崩れをしかねない微妙な課題であるという点です。その前線に立つ国会議員の役割は本当に重大であり、言動は重いものであると、自らを律しています。

「政治家に求められるべきは防衛感覚と外交感覚の『バランス』だ。」と言った方がいますが、その通りだと思います。対話外交の重要性を否定する方はいないはずなのに、防衛の必要性を語るとき、言動がつい苛烈になることがあります。

自国を守る責務を強く感じる一方、他国と協調するための対話への信念を常に忘れてはいけない、と度々感じました。この防衛感覚と外交感覚のバランスを支えるものこそ、「平和国家」として歩んできた日本に対する誇りであり、憲法9条の「専守防衛」の理念であって、この理念を世界共有のものとし、戦争のない世界を必ずつくる、という強い信念であると考えます。

街頭演説の最終地は、埼玉県の小川町でした。山に囲まれた場所で、目の前の小川では川辺でバーベキューをする家族連れの方々の姿が。平和な光景を眺めながら、戦没者の方々をはじめ多くの戦争犠牲者の方々の犠牲のもと、今の平和な日本があることに心から感謝いたしました。憲法9条とともに日本、世界が平和となるよう全力を尽くします。

矢倉かつおから メッセージを直接お届けします。 ぜひ、ご登録ください。