日中関係改善へ確かな流れを

2015-10-18

公明新聞:2015年10月18日(日)付

習近平国家主席と握手を交わす山口代表=15日 北京・人民大会堂

習近平国家主席(右)と握手を交わす山口代表=15日 北京・人民大会堂

党訪中団 習近平国家主席と会談
首脳会談の早期実現を伝え、来春の日本訪問も招請

山口那津男代表を団長とする公明党第7次訪中団は13~16日、中国・北京を訪問し、改善の兆しが見えつつある日中関係の流れを一層確かなものとするために、習近平国家主席や劉雲山・中国共産党中央政治局常務委員ら要人と相次ぎ会談しました。訪中団には副団長として赤羽一嘉国際委員長代理(衆院議員)、報道官・秘書長として西田実仁広報委員長(参院議員)が同行。両国の関係深化に向けて、各分野での対話、交流の促進が重要だとの認識で一致しました。

山口代表は15日午後、北京の人民大会堂で習国家主席と会談し、安倍晋三首相から託された習主席への親書を手渡しました。その際、山口代表は日中首脳会談を早期に実現したいとの安倍首相の意向を伝えるとともに、「東京の桜を見に来てほしい」と来春の訪日を招請。これに対し習主席は、ほほ笑みながらうなずいていました。

この会談は、北京で開かれていた第9回アジア政党国際会議に出席した34カ国、64政党の代表者と共に行われましたが、山口代表は参加者の中で最も長く会談することができました。

同日午前、山口代表はアジア政党国際会議でスピーチし、「アジア地域には経済面で大きな潜在力があり、これを顕在化させていくためには適切なインフラの整備を通じて、域内外の連結性を高めることが極めて重要だ」と強調。アジア地域の膨大なインフラ需要に応えるため、日本もアジア開発銀行と連携して投資を表明していることを紹介する一方、中国も経済的な独自策を打ち出していることに言及し、相互に協調して取り組むことで一層の効果を生み出せるとの認識を示しました。

北京滞在中、党訪中団は劉常務委員やアジアインフラ投資銀行(AIIB)次期総裁の金立群氏ら各界の要人と精力的に意見交換。両国の関係強化へ共に努力することを確認しました。

16日午後に北京市で行われた記者会見で、山口代表は「日中首脳会談の実現へ環境整備を進める役割を果たせた」と述べ、今回の訪中の成果を強調しました。

 

(1)李源潮国家副主席(右)と握手する山口代表=14日(2)劉雲山・中央政治局常務委員(右)と意見交換する山口代表=16日(3)アジア政党国際会 議でスピーチする山口代表(3)アジア政党国際会 議でスピーチする山口代表=15日

 

 

 

 

 

 

(4)中日友好協会の唐家セン会長(左端)と会談する山口代表(右から3人目)ら=14日(5)国家開発銀行の胡懐邦会 長(右から3人目)の歓迎を受ける山口代表(左隣)(6)劉振民外交副部長(右)と会見する山口代表=16日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

李源潮国家副主席(右)と握手する山口代表=14日劉雲山・中央政治局常務委員(右)と意見交換する山口代表=16日アジア政党国際会議でスピーチする山口代表=15日中日友好協会の唐家セン会長(左端)と会談する山口代表(右から3人目)ら=14日国家開発銀行の胡懐邦会長(右から3人目)の歓迎を受ける山口代表(左隣)、赤羽(右から2人目)、西田(左から2人目)の両氏=15日劉振民外交副部長(右)と会見する山口代表=16日
写真は左上より(1)李源潮国家副主席(右)と握手する山口代表=14日(2)劉雲山・中央政治局常務委員(右)と意見交換する山口代表=16日(3)アジア政党国際会 議でスピーチする山口代表=15日(4)中日友好協会の唐家セン会長(左端)と会談する山口代表(右から3人目)ら=14日(5)国家開発銀行の胡懐邦会 長(右から3人目)の歓迎を受ける山口代表(左隣)、赤羽(右から2人目)、西田(左から2人目)の両氏=15日(6)劉振民外交副部長(右)と会見する山口代表=16日