ストーカー対応、万全に

2017-02-07

公明新聞:2017年2月7日(火)付

対策本部の関係者と意見交換する党プロジェクトチームの大口座長ら=6日 東京・中央区

対策本部の関係者(手前側)と意見交換する党プロジェクトチームの大口座長(奥右端)ら=6日 東京・中央区

警視庁の対策本部視察
党プロジェクトチーム

公明党ストーカー・DV対策推進プロジェクトチーム(PT、大口善徳座長=衆院議員)は6日、東京都中央区の警視庁勝どき庁舎を訪れ、同庁の各警察署が受けたストーカーやDV(配偶者などによる暴力)などの相談を集約して対応に当たる「人身安全関連事案総合対策本部」の取り組みを視察するとともに、関係者と意見交換した。

同PTの大口座長、魚住裕一郎副座長(参院議員)、山本香苗事務局長(同)らが出席した。

対策本部側は取り組みの内容について、被害者からの相談に迅速かつ適切に対応するため、全ての相談内容をデータベースに集約し、昨年6月から緊急性のある事案を見逃さないよう対応を見直したことなどを説明した。

これに対し、大口座長らは、「ストーカーやDV被害を防ぐには被害者から相談を受けた警察の初動対応が極めて大事。必死の思いで相談したにもかかわらず、誤って緊急性がないと判断されることのないよう万全の対応をしてもらいたい」と強調した。