政治に学生の声 届ける

2018-02-07

公明新聞:2018年2月7日(水)付

学生と意見を交わす三浦青年局長(前列中央左)、高瀬学生局次長(左隣)=6日 国会内

「Qカレ」で意見交換
三浦青年局長ら

公明党学生局(佐々木さやか局長=参院議員)は6日、国会内で学生との懇談会「Qカレ」を開催し、首都圏在住の大学生19人と教育政策などについて意見を交わした。矢倉克夫青年委員会副委員長、三浦信祐青年局長、高瀬弘美学生局次長(いずれも参院議員)が出席した。

「Qカレ」では、法政大学2年生の山下明日香さんが、東京都の私立高校授業料無償化について「埼玉から都内に通う場合は対象外だ。自治体間の格差をなくしてほしい」と述べた。このほか、母子家庭に対する支援強化や、保育士へのサポート策充実などについて意見が寄せられた。

三浦局長は「学生の声をしっかりと政治に届けていく」と語った。