生活保護支給巡り監査強化を要請

2022-08-30 ニュース

伊佐進一厚生労働副大臣(公明党)は29日、厚労省で反貧困ネットワーク埼玉(藤田孝典代表)と同ぐんま(仲道宗弘代表)から、生活保護費支給業務の是正に関して要望を受けた。公明党の矢倉克夫参院議員が同席した。

藤田代表らは保護費の支給に関して、申請から原則14日以内とする決定通知が期限内に行われなかったり、支給まで多くの日数を要したりする事案があると指摘。支給業務の監査項目に支給までの日数などを加えるよう求めた。伊佐副大臣は「手元に早く届くことが大事だ」と述べ、自治体への助言などに努める考えを示した。