療養方針について正しい情報発信を求める

2021-08-06

コロナ中等症以下の患者の入院等の方針に関する最近の政府の発信について、昨日の厚生労働委員会において、厚労大臣に
「 マスコミ等の報道に接した国民は、コロナにかかったら自宅で苦しむしかないのかと不安に思っている。誰一人患者を置き去りにしない決意のもと、不安の解消を。混乱回避のための措置を!」
と強く訴えました。
大臣からは、説明不足への反省とともに、
○中等症など入院の必要がある方は当然入院いただく。
○軽症であっても急変の可能性など医師の判断で入院いただく。
○また、軽症で自宅療養されている方も家族感染の恐れなどがある方は療養施設に入っていただく。
などを確認。
当初、メディアを通じて拡散していた「中等症患者は基本、自宅療養」という方針ではないことの確認もいたしました。
そのうえで、政府の地方自治体に対する事務連絡の「自宅療養が基本」との記載は正しくないことを主張し、政府に対し、不安に対し寄り添った発信をするよう強く求めました。
また、若年層へのワクチン接種の加速化や、外国で生活する邦人へのワクチンの供給についても訴えました。