利根川の堤防強化早く

2018-10-19

五県連合と矢倉氏 石井国交相に申し入れ

石井啓一国土交通相(公明党)は18日、国交省で、利根川沿いの自治体などで構成される「五県連合利根川上流改修促進期成同盟会」(河田晃明会長=埼玉県羽生市長)から、利根川の治水対策拡充に関する申し入れを受けた。公明党の矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)が同席した。

席上、河田会長は、2015年の関東・東北豪雨や今年7月の西日本豪雨による堤防決壊などを踏まえ、「ハード・ソフト両面からの危機管理体制の整備が急務」と指摘。その上で、治水事業に関する19年度予算の大幅な拡充や、利根川左岸の堤防強化対策の迅速化などを求めた。

石井国交相は「しっかりと取り組む」と答えた。