地域支える企業を応援

2019-01-26

建設、電気業者らと懇談
埼玉で 矢倉氏

地元の中小企業経営者らと意見を交わす矢倉氏=25日 埼玉・志木市

公明党の矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)は25日、党志木市議団(吉川義郎団長)が同市内で開催した、地元中小企業経営者らとの意見交換会に出席した。

会合に参加した建設業者は、自然災害が発生した場合、「現場に急行し迅速に復旧作業に当たれるのは地元企業」と力説。こうした企業の経営基盤強化や公共工事の工期設定改善を求めた。人手不足解消に向けては、現場管理者が同時に二つ以上の工事を担えるよう規制の緩和などを訴えた。

矢倉氏は、「地域防災に当たり地元企業の果たす役割は重要」と指摘。「法整備や運用の見直しを含め、一つ一つの課題に全力で取り組む」と応じた。

このほか、電気工事業者が経営相談窓口の拡充を要望。新聞販売業者が中学・高校での新聞利活用推進を訴えた。