困窮学生に10万円の給付を

2020-05-09

昨日、党として、住民税非課税世帯や、学業と生活に必要な収入をアルバイトで得ている中間所得層の学生らおよそ50万人を対象とした1人当たり現金10万円の給付を求め、文部科学大臣に提言しました。
大臣からは「思いは同じ。早急に対応したい。」と。
ユーストークミーティングでは不安を抱えながら奮闘する学生さんの声も多く伺ってきました。
実現に向け、力を合わせます!