政策実現 公明がリード

2018-07-28

太田議長 矢倉氏の会合で強調

矢倉氏(右)の政経懇話会であいさつする太田議長=27日 さいたま市

公明党の太田昭宏全国議員団会議議長は27日、さいたま市内で開かれた矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)の政経懇話会に出席。今国会で公明党が力強く推進した給付型奨学金の拡充など、教育負担の軽減を前に進めた成果を強調し、「公明党の主張が軸になって国の政策ができている」と力説した。

また、大阪府北部地震や西日本豪雨など国内で大規模な自然災害が相次いで発生したことに触れ、命を守る防災・減災対策になお一層取り組む重要性を語った。

矢倉氏は、中小企業が日本の経済を支えているとして、「国民が景気回復を実感できるためにも、頑張る中小企業を後押ししていく」と訴えた。