「福島産」の輸出支える

2018-10-13 ニュース

矢倉、平木氏 千葉で展示商談会を視察

公明党の矢倉かつお(参院選予定候補=埼玉選挙区)、平木だいさく(同=比例区)の両参院議員は12日、千葉市の幕張メッセで開かれた展示商談会「“日本の食品”輸出EXPO」を訪れ、福島県の企業の出展コーナーを視察した。

原発事故の風評被害が残る中、海外のバイヤーとの商談の現状を探るのが目的。矢倉、平木の両氏は、県職員の案内で「マジウマ! フクシマ!」のフレーズを掲げた福島のブースを回り、農水産物や加工食品の輸出状況について話を聞いた。

水産加工品を扱う「株式会社おのざき」(いわき市)の女性は「商品にバイヤーから好反応があっても、相手国の輸入規制で商談がうまくいかないケースも多い」と訴えた。

矢倉氏は「安全・安心な福島県産食品の輸出を応援できるよう、諸外国で続く輸入規制の解除に向けて尽力したい」と語った。

【4日加須、9日坂戸にて国政報告会、10日は北本で党員会に参加しました!】

2018-10-13 ブログ

【4日加須、9日坂戸にて国政報告会、10日は北本で党員会に参加しました!】

加須では1000人強、坂戸も700人ほどの皆さまが本当に忙しいところくださいました。明年に向けた決意を強く申し上げました。

加須では野中あつし代議士がその前日の熊谷に続き、応援に来てくださり熱弁、大橋市長とともに、工藤行田市長、河田羽入市長もお越しくださいました。最後は勝どき!
坂戸では、山口泰明代議士と、石川坂戸市長、斎藤鶴ヶ島市長も。
本当に皆さま、温かく包み込んでくださいました。

北本でも200人ほどの皆さまが。
本当にありがとうございました!!

国政報告会はまもなく二十箇所目、のべ2万人の皆さまが。
お忙しいにも関わらず足を運んでくださった皆さまの期待に答えるため、さらに精進いたします。