秩父市で高齢者向け住宅等を視察

2020-07-15 ブログ

一昨日13日に秩父市内のサービス付き高齢者向け住宅「ゆいまーる花の木」を訪問しました。
大久保市議、本橋市議ととも。
秩父市と株式会社コミュニティネットによる、全国的にも数少ない公民連携プロジェクトとして昨年11月にオープン。
姉妹都市提携している東京都台東区など都心部からの受け入れも多く、幸齢社会における新たな都市連携の取り組みとして非常に注目しています。

大事にしているのは入居者と地域のコミュニティの創出です。
一般の町会の方も利用する交流拠点が併設されており、新たな繋がりの中で入居者の方が活きいきと生活されてました。

また、同日、来月オープンする障がい福祉施設「にじいろテラス」を秩父市久喜市長にご案内頂きました。
こちらは、障がいをお持ちの方が幼児期から大人まで一貫して通える施設で、市内のみならず近隣市町の方に利用頂ける定員となってます。
当日は利用を希望される方々の見学会が行われてましたが、皆さん素晴らしい施設に感動されてました。
以下、久喜市長のブログです。
https://www.kukky.com/archives/5499

いずれも、先駆的な素晴らしい取り組みです。
しっかり後押ししていきます。

「サ高住」と交流拠点 併設

2020-07-15 ニュース

モデル施設を視察
埼玉・秩父市で矢倉氏ら

交流拠点で「サ高住」入居者と懇談する矢倉氏(左端)ら=13日 埼玉・秩父市

公明党の矢倉克夫参院議員は13日、埼玉県秩父市が姉妹都市である東京都豊島区や公募企業と連携して、同市内に昨年11月に開設したサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ゆいま~る花の木」を訪れ、併設されている入居者と地域住民らの交流拠点を視察した。大久保進、本橋貢の両市議が同行した。

市担当者は、同住宅と交流拠点が、移住者や交流人口の増加をめざす市のモデル事業の一環として整備され、地元の人に加え、豊島区など都内からの移住者も入居していることを説明し、「入居者と地域の人との交流の輪が広がるようにしている」と述べた。

矢倉氏らは、必要に応じて机やいすなどを並べて語り合えるようになっている交流拠点のオープンスペースなどを見た後、入居者と懇談。開設とほぼ同時に入居した女性(84)は「みんなに仲良くしてもらって安心だ」と話していた。

【秩父市で高齢者向け住宅等を視察】

2020-07-15 ブログ

【秩父市で高齢者向け住宅等を視察】

一昨日13日に秩父市内のサービス付き高齢者向け住宅「ゆいまーる花の木」を訪問しました。
大久保市議、本橋市議ととも。
秩父市と株式会社コミュニティネットによる、全国的にも数少ない公民連携プロジェクトとして昨年11月にオープン。
姉妹都市提携している東京都台東区など都心部からの受け入れも多く、幸齢社会における新たな都市連携の取り組みとして非常に注目しています。

大事にしているのは入居者と地域のコミュニティの創出です。
一般の町会の方も利用する交流拠点が併設されており、新たな繋がりの中で入居者の方が活きいきと生活されてました。

また、同日、来月オープンする障がい福祉施設「にじいろテラス」を秩父市久喜市長にご案内頂きました。
こちらは、障がいをお持ちの方が幼児期から大人まで一貫して通える施設で、市内のみならず近隣市町の方に利用頂ける定員となってます。
当日は利用を希望される方々の見学会が行われてましたが、皆さん素晴らしい施設に感動されてました。
以下、久喜市長のブログです。

矢倉参議、にじいろテラス視察

いずれも、先駆的な素晴らしい取り組みです。
しっかり後押ししていきます。