9月27日、深谷市にて国政報告会、600人が雨のなかご参集くださいました!

2018-09-29 ブログ

9月27日、深谷市にて国政報告会、600人が雨のなかご参集くださいました!

熱気あふれる雰囲気!遠くは上里、小鹿野、秩父からも。本当に皆さま、夜遅くまでありがとうございました。

私は、防災の話とともに、農業の話をしました。

日本の多種多様な農産品のそれぞれの「良さ」に、いかに価格をつけるか、持続可能な農業のため、県北地域の発展のため、決意を述べました。

ご来賓の小島市長から、嬉しい心温まるお言葉をいただきました。

携帯電話一本で(矢倉は)すぐに駆けつけてくれる。行動力は抜群と。

「地元の公明党の市議さんは、うちの国会議員の矢倉、どんどん使ってくださいね、と言う。他にはない。この強い関係、ネットワークがあるのは公明党だけ!」本当にそうです。

この日はご来賓の皆さまの中で、小島深谷市長や吉田本庄市長をはじめとする3市6町の首長の皆さま、神尾県議をはじめ県会議員の皆さま全員に壇上に上がってくださいました。
小泉代議士の代理の方も。
心から感謝します。

輿水さんがきてくれました!

議員の立場を離れた今も、同じように活動している姿、本当に尊敬します。群馬や栃木、茨城での話も興味深かったです。

私のこれまでの実績、熱を込めて語ってくれました。

帰り、来場のほとんどの方々が握手を求めて並んでくださいました。役員の方が、帰りが遅くなることを考え脇を通ることを進めてもでした。

青年とも懇談。ともに未来をつくる仲間として頑張ります!

役員の皆さま、議会等お忙しいなか、本当にありがとうございました!

9月26日、東松山市にて国政報告会、1000人ほどがご参加くださいました。

2018-09-28 ブログ

9月26日、東松山市にて国政報告会、1000人ほどがご参加くださいました。

夜から大雨になるのではと懸念されるなかでしたが、皆さま、足を運んでくださいました。会場いっぱいでした。本当にありがとうございます。

政策の話とともに、

私が「一人の声を実現する誠実な政治」を目指すきっかけとなった原点や、父の死・経済苦などを助けてくれた公明党議員との交流なども話しました。

ご来賓も本当に多くお越しくださいました、
地元の東松山の森田市長をはじめ、松本小川町長、宮崎吉見町長、渡辺ときがわ町長、足立東秩父村長、嵐山町、川島町、滑川町それぞれの副町長様、そして、小久保、横川両県議(ともに若手で、素晴らしいお二人です!)と。
各団体の皆さまも。

森田東松山市長から祝辞、「(矢倉は)5年前から変わらず、さらに躍動感に磨きをかけて頑張っている。」と

県の建設政治連盟の会長である伊田様からも、本当に力強いお言葉を。防災を含め、生活を守るお仕事をされている建設業の皆様の日頃のご活動に心から敬意を表します。

沖縄にいくことになった山口代議士からも温かな祝辞を。秘書の鈴木様が代読。

福永県議からの挨拶。

福永さんの話は本当にいつも具体的で、誰にでもわかりやすく、私のお手本です。聞く人をぐっと近づける力、間近でみて改めて焼き付けました。

私の生い立ちから本当によくご存知で、語ってくれました。

役員の方々と最後、決意の写真撮影。
本当にお忙しいなか、ありがとうございました!

9月25日、富士見市にて国政報告会、800人弱が雨のなかご参加くださいました!

2018-09-28 ブログ

9月25日、富士見市にて国政報告会、800人弱が雨のなかご参加くださいました!

国政報告会、後半戦開始です。

これから2週間強、ほぼ毎日開催させていただきます。

雨にもかかわらず、党員以外の方々を含め、大変多くの方々お越しくださいました。本当にありがとうございます。

私から、
「どこまでも目の前の一人の声を実現する誠実な政治」を行うことと、
災害に強い国づくりを具体的に、中小企業支援を、農業政策を語りました。
議員立法として義援金差押禁止法の話も。

星野富士見市長、高畑ふじみ野市長、林三芳町町長の各首長、
ご地元の神山代議士、
加えて、柴山代議士
もお越しになり、本当に力強い、そして何より私との個人的なつながりから具体的な激励のお言葉をいただきました。林町長は、和歌まで披露を。

皆様からは、舞台裏でも、矢倉さん頑張れ!全力で応援するからと何度も力強く握手。

皆さんの登壇の写真をとりそびれてしまいました!!残念、でも、熱意あふれるお言葉、心に刻みました。こころから感謝申し上げます。

宮崎まさる参議院議員も、急遽ですが登壇してくださり、最近や来年の選挙情勢について話しいただきました。いつもながらコンパクトでわかりやすいです。

勢いをいただきました。

最高のスタートダッシュでした。

役員の皆様はじめ準備をされた方々、本当にありがとうございました。

沖縄県知事選が最終盤を迎えています。

2018-09-27 ブログ

沖縄県知事選が最終盤を迎えています。
さきま淳(あつし)候補、よろしくお願いします!

23日の日曜日の午前、早朝から半日間だけですが沖縄で活動、さきま候補を知人などに訴えてきました。夕方には埼玉にもどりましたが。

沖縄の知事選は、日本の政治のあり方を問う大事な選挙です。

私は、政治は理想を掲げ、それにむかって一歩一歩すすめる地道なプロセスだと思っています。現に存在する多様な意見をまとめる、苦闘です。

他方、理想を政治利用し、人々の失望や不安や怒りをあおり、社会を分断し、その分断を自己の政治勢力の伸張に利用する動きもあります。

理想にどう向き合うか、前者と後者は明確に違います。

沖縄の知事選は、前者と後者の戦いです。前者が後者に負けてはいけない。だから勝たなければいけない。

沖縄にお知り合いのいる方、さきま候補、何とぞ、よろしくお願いします。

石井国土交通大臣が埼玉西部に!

2018-09-22 ブログ

石井国土交通大臣が埼玉西部に!

19日、石井大臣が、地元の要請を受け、終日埼玉西部を中心に視察してくださいました。

西田まこと参議院議員とともに、私も同行。

所沢では、市全体の開発状況(KADOKAWAさんとの協働による東所沢駅周辺開発を含む)を説明いただくとともに、特に、西武鉄道さんとの協働による所沢駅周辺のまちづくりについて詳細に、藤本市長などから、ご説明いただきました。

ビルの屋上から所沢駅周辺を俯瞰しながら、西口一帯の今後の開発方向についてうかがいましたが、夢が広がる内容です。

地元理解を得ながら、是非、所沢の魅力、活力が存分に発揮できる街づくりをお願いします。全力で協力します。

そのほか、朝霞では富岡市長、穂坂代議士はじめ朝霞、志木の皆さまから、国道254バイバスの早期開通を。
こちらは、私も各所で要望を受けている件です。
道路は繋がってこそ、効果を発揮します。力強く進めます。

そのほか、田中入間市長、大久保飯能市長、矢ケ崎日高市長などとも懇談。私も力を尽くした不老川の整備などについても活発に意見交換できました。

業界の皆様とも。
特に、建設業界から工期の適正化や施工時期の平準化なども。
不動産関係の業界からは、空き家対策。
運送関係は、働き方改革のあり方について。
改めて、現場の声の重要性を感じました。

最後は、川越にて。

様々、ご尽力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

街のにぎわい創出へ

2018-09-20 ブログ

所沢駅西口 再開発事業を視察
埼玉で石井国交相、矢倉氏ら

石井啓一国土交通相(公明党)は19日、埼玉県所沢市を訪ね、西武線・所沢駅西口地区で進められている再開発事業を視察するとともに、藤本正人市長や所沢商工会議所の本橋孝義会頭と意見を交わした。西田実仁参院幹事長、矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)が同行した。

同西口地区では、土地区画整理事業を基本とした街づくりとして、西武鉄道の車両工場跡地を使って約300戸の共同住宅などが入る高層ビルを建設する計画が進んでいる。石井国交相らは商業施設の屋上で、再開発事業などの進捗状況について、関係者から説明を受けた。石井国交相は「街のにぎわい創出へ、国としても支援していく」と語った。

これに先立ち、石井国交相は、本橋会頭から都営地下鉄大江戸線のJR武蔵野線東所沢駅までの延伸や、国道463号の拡幅整備に関する要望を受けた。

埼玉県にて新座市にて、北海道胆振東部地震被災者の皆さまのため支援活動を。

2018-09-17 ブログ

埼玉県にて新座市にて、北海道胆振東部地震被災者の皆さまのため支援活動を。

被災者支援の会の皆さまを後援し、安藤ともき県議会議員と新座市議団の皆さまとともに。

本当は、北海道まで飛んでいきたい気持ちなのですが、私は埼玉に責任があるので、踏みとどまって募金活動を。

善意の義援金は全て1円も残らず被災者の皆さまに届くよう(住宅ローンの返済名目で金融機関が差し押さえることのないよう)法律をつくろうと思います。

埼玉県にて、各種団体の皆さまから政策提言をいただきました。

2018-09-17 ブログ

埼玉県にて、各種団体の皆さまから政策提言をいただきました。

県議団の皆さまと。先週ほぼ一週間をかけて。

合計56団体から。福永県議によれば16年前は10団体ほどだったとのこと。公明党への期待の表れです。

経済政策から福祉政策まで幅広く。
こちらも真剣勝負です。制度の細部まで勉強してのぞみます。
議員になりたての頃は聞くだけしかできなかった一部団体の要望にも、いまは即座に反応できます。
今後、国会質問で取り上げるべき事項も多かったです。
どれも具体的な提案でした。

地域を支える、真面目に取り組んでいる企業、団体、個人が報われるようにしないといけない、そう感じました。

山本ひろし参議院議員が講師を務める会合(NPO法人輝 HIKARI様:金子代表 主催)に参加いたしました。

2018-09-12 ブログ

山本ひろし参議院議員が講師を務める会合(NPO法人輝 HIKARI様:金子代表 主催)に参加いたしました。

浦和にて。「これからの我が国の障がい者福祉政策」について熱く。

山本さんは参議院の国会対策委員長も務めており、先の国会では私(議運の筆頭理事を務めました)が一番お世話になった方でもあります。

お子様が重度な障がいをお持ちです。そのお子様と向き合うなかで、いかに「人間主義」の政治を貫く素地をつくったか、ご自身の原点を語る内容はすごく胸に迫るものがありました。
優しく、強い山本さんの背景の一端をみた気がします。
障がい福祉関係で14本の議員立法に関与したことを含め実績とともに、これからの障がい者福祉政策について具体的にわかりやすく語っていただきました。

私からは、一人のために動く公明党の姿勢の重要性を語りました。
とともに、続く意見交換では、先日、就労継続支援B型の事業所さんを訪問した際に感じたことを踏まえつつ、民間企業の関わり方、その促し方などについてお尋ねしました。
山本さんから、障がい者就労の枠組みそのものがいかにあるべきか、より深く検討する趣旨の回答もあったところです。

先日、訪問した事業所で、重度の障がいをお持ちの方々で働く皆さまと、しばし、交流しました。みなさま、支えあいながら、働くことに喜びを感じていらっしゃいました。
働くことによる自己実現、その姿勢に学ばせていただくことが本当に多かったです。

一人一人の状況にあわせていかに学び、働く環境をつくれるか、障がい者福祉政策こそ、現場の声を拾い細かな制度設計まで実現できる公明党ネットワークの仕事だと、深く感じました。

青年委員会メンバーで菅官房長官に政策提言

2018-09-02 ブログ

青年委員会メンバーで菅官房長官に政策提言

29日、官邸にて官房長官に申し入れ。

幅広い要望のなか、特に、私からは、不妊症だけでなく不育症に悩む方々への助成拡充、また、農業の担い手確保のための政策について具体的に要望をしました。

「どれも大事な現場の声だ」と。官房長官と、しばし、農地の集積や林業、水産業振興も話しました。

若者が車を持てるように、車体課税の簡素化、軽減化もお願いしようとその場で思い立ちましたが、時間切れ。次の機会に。この件は、党内でも引き続き訴えていきます。

「公明党は、半分が青年委員会なのではないか。本当に若い政党だ、いいね。」とは官房長官の言葉です。

若い世代の言葉にも常に寄り添い未来を担う、そんな期待を感じました。

28日は東京の公明党を支援する、党員外の企業の皆さまとの会合にも参加。
東京、埼玉の連携で日本を元気にする決意を語りました。
都議会の皆さまからも力強いエールをいただきました。ありがとうございます。

党坂戸支部(鶴ヶ島、坂戸)での党員会、会場いっぱいにご参加、ありがとうございました!

2018-08-30 ブログ

党坂戸支部(鶴ヶ島、坂戸)での党員会、会場いっぱいにご参加、ありがとうございました!

動画にしてみました。
平均年齢72歳のダイヤモンド合唱団、力ある圧巻の歌声でした。

役員の皆様、本当にありがとうございました。

先週末は本当に暑かった!各所をまわりました。

2018-08-28 ブログ

先週末は本当に暑かった!各所をまわりました。

日差しが痛かったです。。そんななかも県内まわり。楽しく真剣に語らいました。

毛呂山では国政報告会、井上毛呂山町長、小峰鳩山町長、新井越生町長はじめご来賓も多くご参加。地元町議の皆さま、福永県議、また役員の皆さま、本当にありがとうございます!

鴻巣では、自民党の会合に参加。お声がけいただいた中屋敷県議、ありがとうございました。鴻巣市議の皆さまもありがとうございました。稲田元大臣がお越しでしたのでご挨拶しました。

地元浦和では、村井代議士とお祭りに参加。最後は、抽選会での当選くじを引く役を二人で交代で行いました。かなり盛り上がりました。

宮代町の町民祭りにははじめて参加。全員参加、みんなで町を盛り上げようという雰囲気の、いいお祭りでした(写真は街頭演説みたいですか笑)

さいたま市、蓮田では防災訓練、蓮田での様子は公明新聞にも掲載されました。
役員の皆さま、暑いなか本当にお疲れ様です。

そのほか、上尾や和光、入間、戸田など各所に。

埼玉は広い!!
その分、多くの方々にお会いできます。
現場にある答えを求めに、また、動きまし。

20日、深谷にて、農業フォーラムを開催、300人ほどの皆さまがお越しくださいました。

2018-08-24 ブログ

20日、深谷にて、農業フォーラムを開催、300人ほどの皆さまがお越しくださいました。

公明党埼玉県本部の農業政策担当者でもある三田部深谷市議をはじめ、県熊谷総支部の皆さま主催の、大成功の会合となりました。

小島 深谷市長も応援に。矢倉さん、これからも深谷の農業一緒に盛り上げよう!と強くエールを。

講師として、日本GAP(ギャップ)協会事務局長の荻野さまにお越しいただきました。岡本三成外務大臣政務官からも世界と農業について講演。

GAPと聞くと、有名衣料品小売店を思い浮かべる方も多いと思いますが
Good Agricultural Practice(良い農業慣行)の意味です。

私からは、このGAPに挑戦した福島の農家の取り組みをまず紹介しました。

それは、風評被害を乗り越え、売り上げを震災前に戻すだけでなく、包装資材費を14%、農薬費を40%削減した取り組みです。
ここから、GAP推進が、市場と向き合う農業を可能とともに、農業経営の効率化をはかり、加えて、人材の育成に資することを説明。

さらに、最後に今後の農業に必要なものとして、技術革新、土地改良・基盤整備、人材確保をあげ、それぞれについて、来年度予算に触れながら具体的にご説明しました。
最後、大事なこととして、オランダの例に触れながら、生産者の「協同」について触れました。

皆さま、本当に喜んでお帰りになりました。

農業をもっと元気に。
ともに頑張ります、頑張りましょう。

前橋にて、IR整備法と選挙制度改革について語りました。

2018-08-24 ブログ

前橋にて、IR整備法と選挙制度改革について語りました。

19日、前橋市の党の会合にお招きいただきました。

素晴らしい会合でした!

水野県議の報告、本当に分かりやすかったです。

特に、与党と野党の災害対応の違いについて

「官僚を呼び現場はどうなっているんだ、と怒るのが野党。現場はこうなっている、と伝えるのが与党、公明党」と言うのは、本質を的確に掴んだ名言です。

そして前橋市議の中里さん、高橋さんによるコント最高でした。

笑いをとりながら、IR整備法について解説。

日本人がカジノを利用するには、マイナンバーカードが必要であること、そして、入場料として6000円支払う必要があることなどをわかりやすく説明くださいました。

ほぼアドリブのコントで、それが仲の良さ、団結の強さをさらに示していました。

写真がなくて残念ですが、

私から、

・ IRは統合型リゾートの略であり、世界各地にあること。日本で導入する目的は、訪日外国人の数をさらに増やし日本でお金をつかってもらう、そこで得た資金を日本の福祉政策に使うこと。

・ IRは日本全土で三箇所のみ。IR建設には、それぞれの自治体議会の承認などが必要であり、何より地元合意が前提。日本各地にカジノができるかのような主張は事実誤認。

・ 公明党主導の議員立法で「ギャンブル等依存症対策基本法」が成立したこと、ギャンブル「等」であり、これまで不十分だったパチンコ依存症や競馬、競輪などの公営ギャンブル依存症対策も力強く進めること。

などなど、様々なことをお伝えしました。

参議院の選挙制度改革についても言及。

・ 一票の格差是正という憲法上の要請と、合区を増やさない、この二つを満たすために公明党がいかに奮闘をしたか。

・ その上で、定数増によっても経費が増えることがないように自民党に要求し、これを承諾させたこと。

などをお伝えしました。

よくわかったとお声いただきました。
今後も様々な場所で話していきます。

埼玉県本部夏季議員研修会、山口代表をお迎えして、決意新たに出発!

2018-08-19 ブログ

埼玉県本部夏季議員研修会、山口代表をお迎えして、決意新たに出発!

山口代表から、近隣外交における重要な視点も伺いました。

私からも一言、決意を。

埼玉県本部の皆さまと一緒に頑張れること、あらためて、ありがたいな、と感じました。

頑張ります!

終戦の日、不戦の思いを込め、街頭演説。

2018-08-15 ブログ

終戦の日、不戦の思いを込め、街頭演説。

大宮駅西口にて、さいたま市議団の皆さま、西田まこと参議院議員とともに、平和への思いを込め。

8月15日を迎えるたびに思いだすのが、亡き父の言葉です。
それは、「戦争は権力者のエゴだ。若者の夢、未来を奪う犯罪だ。絶対許してはいけない。」というものです。

父は大正15年生まれ(私は、父が49歳の時の子どもです。やっと産まれた子どもでした)、父自身、戦地に送られる寸前でした。
そして兄(私にとって伯父)はビルマで戦死しています。
優しい兄だったとのこと、本当に悔しかったのだと思います。

戦争のない世界をつくる!亡き父の思いとともに、政治家として私の原点をお伝えし、その上で、三点申し上げました。

一つは、北朝鮮情勢と核廃絶です。

日米共同対処を強化した平和安全法制の意義、その後の米朝協議を含め外交的成果に触れつつ、権力の魔性の象徴である核兵器の廃絶を強く強く訴えました。

二つめは、米中を中心とした貿易秩序の変化です。

73年前の戦争の原因の一つが、大恐慌から生まれた経済のブロック化であることに言及し、”他国の不利益のもとで自国の繁栄をつくる貿易秩序”、自国優先主義の誤りを訴えました。

三つめは、日本国憲法です。
加憲の立場に触れつつ、国民主権、基本的人権の尊重、恒久的平和主義の三原理は永久に侵してはならず、これを守ることが政治家の使命であり、私が政治家である意味だと、決意を強くお伝えました。

戦争の原因は人びとの心の中にある差別などです。
私が「ヘイトスピーチ解消法」を立案、制定した趣旨も、人々の心にある差別の感情などと戦うことこそ、平和への第一歩だと信じるからです。

「人々の心に平和の砦を築く、それが政治の使命である。そのために戦う。」最後、そうお訴え、演説を終えました。

今日は、私の母親も、お盆を利用してさいたま市に駆けつけてくれました。
83歳の今も元気です。

全ての母の思いは平和です。それを実現する社会でなければいけません。

また、先日11日は、北朝霞駅前で、朝霞市議団の皆さんと街頭演説。

駅に行き交う人々に語りかけました。
立ち止まり聞いてくださる人も多くいました。
チラシを手にとってくださる方も多かったです。

朝霞市議団の皆さま、本当にありがとうございました。

「義援金差押禁止法」の制定に向けて

2018-08-13 ブログ

「義援金差押禁止法」の制定に向けて

西日本豪雨から一月以上が経過しています。

今も全国から、被災者の方々に届け!と多くの義援金が寄せられています。

先日の公明新聞、私が蒲生県議(草加選出)や草加の市議団の皆さまとともに、被災地に向けた義援金活動を支援している記事が掲載されていました。

この義援金、被災者の皆さまに届く前に、借金の返済として差押さえられてしまっては、せっかくの善意が無になります。

そのため、西日本豪雨被災者への義援金については、先の通常国会の最終盤である7月20日の夜、差押えを禁止する法律をつくることができました。
(ちなみに、野党の引き伸ばし戦略がなければ、もっと早くに成立していました。)

ただ、しかし、今後も同じような災害は起きるかもしれない、そのとき、国会が開いてなければどうするのか、迅速に対応できないのではないか。

そんな声を受け、今、党では、「義援金差押禁止法」の制定です。

先日、議員立法成立を目指すプロジェクトチームの一員として議論に参加しました。

私から特に強調したことは、できる限り多くの義援金を対象とすることです。

例えば、「義援金差押禁止法」の対象となる「災害」の範囲をどうするか。
災害救助法や被災者生活再建支援法などにおける「災害」を前提に議論をすすめた場合、範囲が、一定規模以上の被害が生じた「災害」に限定され、差押え禁止対象の義援金も限定されます。

それはおかしいのではないか。国の負担との調整が必要なわけではなく「災害」の範囲で限定する必要はないのではないか、といった議論です。

他にも多くの論点があります。

引き続き議論をすすめ、次の国会で成立を目指します。

各地の研修会に参加。

2018-08-05 ブログ

各地の研修会に参加。

先月は、茨城県本部、そして今日は、栃木県本部の議員研修会に参加させていただきました。
温かい声援をいただきました。本当にありがとうございます!(渋滞で茨城は遅れてしまいました。すみません)

北関東の団結で、一人の声を実現!頑張ります。

さいたま市市内のとある場所でみた温度計、なんと、46度さしてます!!

2018-08-03 ブログ

さいたま市市内のとある場所でみた温度計、なんと、46度さしてます!!

昨日は、さいたま市内を。
見沼田んぼの今後についてや、都市農業など語りました。

テレビでみる予想最高気温は、百葉箱の中などで観測していることが多いようですから、実際に体感する温度もっと高いかもしれないですね。アスファルトの照り返しなどもありますし。

皆さま、熱中症にくれぐれもご注意を。

秩父の武甲山はいつ見ても勇壮です。

2018-08-03 ブログ

秩父の武甲山はいつ見ても勇壮です。棚田の風景も美しかった。

1日は、長瀞町、横瀬町、小鹿野町、秩父市を、各首長さんなどと懇談、国土交通行政が主な話題でした。農業観光も。

今日は美里、神川、本庄などまわる予定です。

3 / 2512345...1020...Last »