台風15号から1か月。

2019-10-10 ブログ

写真は直後の館山です。
支援に行った私の義弟がすぐ送ってくれたました。

未だ傷跡に苦しめられる方がいるなか、この週末には台風19号が直撃の恐れありと。

災害対策特別委員会理事として、15号での教訓を活かした万全の備えでの対応をはかるため動きたく思います。

さいたま市議の皆さまと!

2019-10-10 ブログ

介護報酬や障がい者福祉サービス等報酬について、厚労省を交え、現場の声をもとに議論。

さいたま市の斎藤市議、西沢市議、そしてこの4月初当選の照喜納市議が私の国会事務所に。

厚生労働省の皆さまと1時間半弱議論。
特に時間を割いたのは、入所者の方の状況改善などにつとめている施設をどう介護報酬面で支えるかでした。

入所者さんのリハビリなどをすすめ、その方の要介護度がたとえば3から2にさがった(健康になった)として、それは他方で事業所がうけとる基本サービス費が減ることを意味します。

健康寿命の延伸のため頑張っている介護関係者の意欲をさらに支える、にも大事な視点です。

平成30年度からあらたに結果を評価し介護報酬の加算をする制度などが設けられました。
これらの運用を市とも連携し、さらに改善することで、健康寿命の延伸のために必要な介護報酬体系等をさらに議論したいと思います。

和光市にて党員会

2019-10-10 ブログ

キャッシュレスや軽減税率を語りました。

先日の和光市での党員会。
いつもと違い、畳に座り、マイクなしで本当にアットホームな形で会合。

新しく富沢支部長のもと出発、斉藤幹事長がサポート。
統一選で初当選した伊藤妙子議員から、早速、キャッシュレスなどの解説、生活者の視点からのわかりやすい解説でした。

私から、軽減税率導入にあたり公明党の奮闘を語りました。
単身世帯の事情も考え食料加工品も加えたこと、ほかに代替策はなく(給付付き税額控除は所得の把握が前提、事後の還付だと痛税感は残る)「軽減税率か全て税10%」かの選択であり、悩みのなかで社会保障の充実と税負担の軽減の両立をはかったことなど。

和光は司法修習生として半年間過ごした場所です。

うちの妹なども知っている方も多く、家族的な雰囲気の中、新たに出発。

ありがとうございました。